公園紹介
吹割の滝全景

公園名

吹割の滝

(ふきわりのたき)
公園住所 群馬県沼田市利根町追貝
アクセス(電車)
  • JR上越線 沼田駅 約21.9km※バス(関越交通)あり
アクセス(車)
  • 関越自動車道 沼田I.C 約18.0km
備考 群馬県沼田市にある「吹割の滝(ふきわりのたき)」は、群馬県沼田市にある掛かるにある滝で、高さが7m、幅が30mという幅が広く水の落下に迫力のある瀑布ということから、東洋のナイアガラとも言われています。

 凝灰岩や花崗岩が川の浸食によって多数の割れ目を生じていて、水しぶきが吹き上がる様子がまるで巨大な岩が吹き割れたように見えることから『吹割の滝』と呼ばれるようになりました。
吹割の滝のすぐ近くから迫力のある滝を見るのは、もちろん遊歩道の『吹割り渓谷一周コース』からの上から見下ろす吹割の滝もなかなかの光景です。上から見下ろすと、東洋のナイアガラと呼ばれるゆえんに納得するでしょう。
片品川に入って、近くで見たくなるものですが、その場合はすべりやすいため他の人が居ると言っても十分気を付けて見る事をオススメします。

 吹割の滝を中心に約1.5km続く片品渓谷には、数々の景勝があります。吹割の滝の川下には、勢いが激しく、あの鱒でも遡上出来ないと言われたことが由来の「鱒飛びの滝」と呼ばれる滝があり、その他にも広い千畳敷に獅子岩など見所がたくさんです。
気を付けながら、自然の強さを感じる滝の魅力を体験しにいってください。

最寄りの駅からは、JR沼田駅から関越交通バスで吹割の滝バス停で下車してください。
駐車場も吹割の滝周辺に市営駐車場が10台分用意されています。売店で購入すれば無料となる駐車場もいくつかあるようです。

お問い合わせ先