公園紹介
尾瀬ヶ原
尾瀬ヶ原(群馬県利根郡片品村)

群馬県利根郡片品村にある尾瀬ヶ原は、日本屈指の高層湿原である群馬県、福島県、新潟県、栃木県をまたがった『尾瀬国立公園』の中心部で、群馬県側(一部福島県)にある地帯です。もともとは、土砂で埋まった盆地だった尾瀬ヶ原に、長い年月を掛けて4.5m~5mもの厚い『泥炭層』が堆積し、現在の姿となったそうです。